歌舞伎町ビル火災から20年~あの惨事を繰り返さないために~


階段や廊下に荷物を放置していませんか?!

新宿歌舞伎町ビル火災は、平成13年9月1日午前1時頃発生し、44名もの尊い命が犠牲となった火災です。
多くの方が犠牲となった主な原因として、屋内階段に大量の物件が放置されていたことが挙げられます。
これらの物件が避難の障害となり、さらに多量の煙を発生させ、上階への延焼拡大につながりました。
階段や廊下に荷物を放置するのは消防法令違反です。
今一度、建物の防火安全対策ができているか確認しましょう。

新宿消防署の取組みについてはコチラ

映画『キングダム』シリーズ最終章、歌舞伎町で世界初のお披露目! 山崎賢人、吉沢亮、大沢たかおら豪華俳優陣がレッドカーペットを“全軍前進” 6月13日(木)ワールドプレミアレッドカーペットイベント@歌舞伎町ゴジラロード開催


時は紀元前、中国春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す若き王・嬴政を壮大なスケールで描く漫画「キングダム」(原泰久/集英社)は、2006年1月より「週刊ヤングジャンプ」にて連載を開始し、現在までに単行本は72巻まで刊行され累計発行部数が集英社青年マンガ史上初となる1億部(2023年11月時点)を突破。2019年『キングダム』、2022年『キングダム2 遥かなる大地へ』、2023年『キングダム 運命の炎』は3作連続で興収50億超え、累計動員数1,000万人を超える大ヒットシリーズ。そしてその待望の最新作『キングダム 大将軍の帰還』が7月12日(金)に公開ということで、それに先駆けてのワールドプレミアレッドカーペットイベント@歌舞伎町ゴジラロードが実施されました。
天下の大将軍を目指す主人公・信(しん)役の山崎賢人、中華統一に挑む若き秦国王・嬴政(えいせい)役の吉沢亮、秦国・総大将として戦地に舞い戻った大将軍・王騎(おうき)役の大沢たかおに加え、飛信隊副長・羌瘣(きょうかい)役の清野菜名、今作の新キャストであり王騎の過去に深く関わる謎多き武将・摎(きょう)役の新木優子、飛信隊の尾平(びへい)役・岡山天音、尾到(びとう)役・三浦貴大、王騎の副官・騰(とう)役の要潤、昌文君(しょうぶんくん)役・高嶋政宏、隣国・趙軍副長・万極(まんごく)役の山田裕貴が登壇。さらに、王宮で政略を巡らす呂不韋(りょふい)役・佐藤浩市、知略で秦国を守る昌平君(しょうへいくん)役・玉木宏、シリーズ4作のメガホンを取った佐藤信介監督も登場。キャスト陣&監督ら計13名がブラックコーデに身を包み、レッドカーペットを歩きました。

映画のシリーズとしてはいよいよこれが最終章とのこと。タイトルにもある「準備を入れると8年、"大将軍の帰還"を見てもらうことを目指して頑張ってきた」と王騎(おうき)役の大沢たかおさん。3作連続で興収50億超えの大ヒットシリーズだが「それとは、また違う世界まで行こうと、スタッフ、キャストが一丸になって、心と魂を込めて撮影してきた」。シリーズ全作でメガホンをとった佐藤監督も「実に8年という長い時間、気の遠くなる作業で汗水たらし、何万カットを撮った。そういう積み重ねでしか到達できない作品になった」とコメント。
見どころ満載の映画『キングダム 大将軍の帰還』は7月12日より公開です。

キングダム 大将軍の帰還
2024年製作/145分/G/日本
配給:東宝、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
劇場公開日:2024年7月12日
https://kingdom-the-movie.jp/
2024年7月12日(金)ついに、歴史が動き出す―

動画アーカイブ
  • 新宿・花園神社例大祭 令和6年5月26日(日)神幸祭より本社・雷電神輿渡御 ダイジェスト
  • 【建築家解説】歌舞伎町タワーだけじゃない!? 街の古いビルはアイコニックで超クール!!建築家の永山祐子さんと歌舞伎町を散歩してみた
  • 【公式】ブラカブキ-歌舞伎町探索-Exploring Kabukicho【内部解説】 東急歌舞伎町タワーを建築家の永山祐子さんが解説!水に込められたデザインの秘密
  • 12月22日(金)警視総監が歌舞伎町を巡視 ― 年末年始の特別警戒 2023/12/22
歌舞伎町のニュース
トピック




歌舞伎町のボランティア活動
注意喚起